RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
フケ症 写真
フケ症の原因は、頭皮の皮脂腺から生起する皮脂を栄養としている菌の多量生起に有る。
では、これらの菌が大繁殖する事が、なぜフケ症に関係してくるのだろう。

この、皮脂を栄養源としている菌を、癜風菌と云う。
詠みは<でんぷうきん>である。
この癜風菌は、カビの一種と云われている。
つまり、頭の上にカビが生えている状況である。
ただ、それ自体はただしい事であって、人間の体には菌・カビの部類は常に付着している。

この多感な時期は、フケが肩にかんしている人を観るだけで、信じられない物を観るような目で観る人がおおくなる。
それを現実に受けつづけたAさんは、小学生の頃から性格が一変し、無口になってしまったそうである。
其の後、それは高校を卒業するまでつづいた。

頭を洗浄する回数は、絶対に多ければ良い訳でもないのだ。
頭を洗浄すると、少なからず頭皮に刺激をあたえる。
それを一日何回も実践する事で、頭皮を痛める原因となりかねないのである。
また、反対に皮脂量が少なく、乾燥タイプのフケ症で苦しんでいる人のケースの場合、頭を洗い乾かすたびに、頭皮が乾燥する。
そうなると、フケもおおくなってしまう。
逆効果と云う事に成るのである。

頭皮には、皮脂を分泌する為の皮脂腺と云うものが有る。
そして、この皮脂を栄養源としている菌もそこにいる。
頭の上に菌がいると云うのは、気持ちが悪いようにおもわれるが、人間の体には相当の菌が住みついている為、それ自体は全くのただしい状態と云える。
よって、この菌の実在自体は別段おかしなところはないのだ。
問題は、皮脂の増加により、この菌が普通よりもはるかにおおくなる事である。

皮脂の分泌量がおおくなる事で、頭皮の皮脂腺に付着している菌が多量に繁殖する。
これが、フケ症の原因を形成しているのである。



author:e03n3uvx0mtlh, category:日記, 07:00
comments(0), trackbacks(0), - -


  • Copyright (C) 2009 エーデルトラウトの日記 by JUGEM Some Rights Reserved.